『梶村秀樹著作集』完全復刊をめざす会・第6支部

名は体をあらわす。伝説の歴史家・梶村秀樹先生(1935年~1989年)の著作集の完全復刊をめざす会です。

「資料集 日本軍「慰安婦」問題と「国民基金」」(2013年、鈴木裕子編・解説、梨の木舎)

 筆者コメント:筆者は「日本軍奴隷制度」について調べたが、やはり「アジア女性基金」が重要だと結論した。「アジア女性基金」はたいへん正確に現在の日本社会を映し出す鏡であり、そのおおもとの原因は「日本軍奴隷制度」を生み出した思考を全否定しきれない「戦争を知る人たち」と「戦争を知らない子どもたち(残念だが自分では「良心的」だと思っている人もいる)」が現在の日本社会の大半を作っているからだと筆者は考える。



○目次

第1部 日本軍慰安婦」問題と「国民基金」解説編(017)

第2部 日本軍慰安婦』問題と「国民基金」資料編(091)

一 「補償に代わる措置」と「責任者処罰」の提起(092)

1 第二回日本軍強制「従軍慰安婦」問題アジア連帯会議と「責任者処罰」の提起決議文(092)
決議文(092)
2 東京地方検察庁への告訴・告発状の提出・不受理(094)
告訴状(094)
告発状(094)
日本政府の構想している「補償にかわる措置」はあやまりである……李美郷(094)
日本軍慰安婦“制度の責任者処罰を要求する私たちの立場……告訴人(被害者)姜徳景他26人 告発人韓国挺身隊問題対策協議会(108)
アッピール……「元日本軍慰安婦”による戦争責任告訴・告発」緊急報告集会(126)
要請書……日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク(128)
日本軍慰安婦」問題の解決方策について日本政府に対する質問書……韓国挺身隊問題対策協議会(130)
日本軍慰安婦」問題などを含む補償にかわる措置としての「アジア交流センター」(仮称)設置に反対し、真の解決策としての個人補償を求める要請書……日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク(132)

二「民間支援募金」構想から「国民基金」ヘ(134)

1 「民間支援募金」構想から「見舞金」構想ヘ(134)

元「従軍慰安婦」を支援する募金への呼びかけ(仮題)趣意書(案)……上野千鶴子清水澄子他8人(134)
要望書……日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク(139)
「民間支援募金(案)」発起人の方々へ確認のための質問状……日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク有志(142)
㊙戦後五〇年基金の構想・清水試案……清水澄子(143)
従軍慰安婦に「民間募金」で「見舞金」という考え……高木健一、和田春樹、臼杵敬子、竹村泰子清水澄子(147)
いわゆる従軍慰安婦問題についての報告(案)……与党戦後50年問題従軍慰安婦問題等小委員会(149)
従軍慰安婦問題に関する与党の合意形成に向けた意見(案)……早川勝、竹村泰子(151)

2 「見舞金基金」=「民間基金」構想への反対とPCA運動の開始(153)

一刻も早く謝罪と補償を……『いま』第O号…グループ性と天皇制を考える(153)
あらためてわたくしたちにとって「補償」とは……鈴木裕子(154)
村山首相訪韓に対するわたしたちの立場……韓国挺身隊問題対策協議会 (156)
要請書……日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク(157)
共同声明……日本キリスト教協議会他(160)
元「従軍慰安婦」に対する謝罪と補償の国会決議を要望します ……日本キリスト教会従軍慰安婦」問題と取り組む会(161)
日本軍慰安婦」民間基金「見舞金」(案)に対する私たちの立場……韓国挺身隊問題対策協議会(163)
個人賠償と法的責任の履行を……鈴木裕子(164)
PCA提訴のための挺対協の活動の過程と課題……尹美香(165)

3 「民間基金反対運動の広がりとICJ国際セミナー(170)

あらためて、民間基金の白紙撤回を求めます……花房俊雄(170)
日本政府の「女性のためのアジア平和友好基金」案に対する韓国政府の反対意志表明要請……韓国挺身隊問題対策協議会(171)
私たちは政府の「民間基金構想」に反対いたします……日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク(172)
速水優氏宛「民間基金構想」反対への呼びかけ……日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク(173)
日本政府に対する訴え……白柳誠一(176)
民間基金構想」反対への呼びかけ……グループ・性と天皇制を考える(177)
金泳三大統領あて日本軍慰安婦」問題解決のための建議・見解……大韓弁護士協会(177)
村山富市首相宛書簡……金壽煥(180)
国際労働機関宛調査要請……大阪府特別英語教員組合(183)
第三回日本軍・安婦’問題アジア連帯会議決議文(185)
いわゆる従軍慰安婦等への対応について……日本赤十字社(187)
村山富市首相韓国の被害者たちの「要請書」(188)
日本政府の「女性のためのアジア平和友好基金」設立に対する私たちの立場……韓国挺身隊問題対策協議会(189)
国際常設伸裁裁判による日本軍慰安婦」問題の解決を要求する請願書……国際伸裁裁判を成功させ、個人賠償を実現させる連絡会(190)
私たちの謝罪と反省、そして決意……日本カトリック正義と平和協議会の声明(191)
なぜ、政府の「民間基金」に反対するのか……ききょう(トラジ)の会(192)
リラ・ピリピラ……「新聞声明」(193)
国家の共犯者になることをわたしたちは拒否する!………鈴木裕子(194)
日本政府日本軍慰安婦」に関連した95・6・14発表に反対する……韓国挺身隊問題対策協議会他(196)
事業計画撤回「要望書」……日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク(197)
抗議声明……国内33団体・海外4団体・12個人(199)
日本軍慰安婦」へのごまかしの「民間基金」に反対する6・18集会!案内チラシ……戦後責任を問う関釡裁判を支援する会・福岡地区カトリック正義と平和協議会(200)
〔戦後補償の早急な実行を政府に要望する〕賛同要請……秋山ちえ子井上ひさし他(201)
皆さまへ……三木睦子(202)
〔戦後補償の早急な実行を政府に要望する〕……宮崎勇(203)
何のため誰のための「民間基金」?(リーフレット)……フィリピン慰安婦」と共にルナス、在日韓国民主女性会(204)
1CJ国際セミナープロフラム・最終声明……ICJ国際セミナー東京実行委員会(205)

4 「国民基金」の発足と「女性のためのアジア平和国民基金」反対!国際会議(209)

女性のためのアジア平和国民基金」に拠金を呼びかけます……「女性のためのアジア平和国民基金」呼びかけ人(209)
女性のためのアジア平和国民基金」に対する自治労の立場……全日本自治団体労働組合(211)
〔「女性のためのアジア平和国民基金」による募金活動中止とヽ「国民基金」の解散を求める〕要請書……戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会(215)
女性のためのアジア平和国民基金」への反対声明……日本近代を問うフェミニズムの会(216)
まやかしの「女性のためのアジア平和国民基金」募金に応じるのはよそう……〈女と人権〉くにたち市民の会(220)
ハルモニたちの手紙「私たちは民間基金に反対です」(222)
ストップ・ザ・民間基金……在日韓国民主女性会(223)
日本の「女性のためのアジア平和国民基金」調査団派遣に反対する……韓国挺身隊問題対策協議会・元日本軍慰安婦韓国人生存者(225)
つぶせ!「国民基金実行委員会準備会)のお知らせ(226
『国際仲裁裁判を成功させよう』通信第3号〔抄〕……国際仲裁裁判を成功させ個人賠償を実現させる連絡会/・…〔柴洋子〕他(227)
『アルリムウリヨソンネットワーク』第13号〔抄〕……慰安婦問題ウリヨソンネットワーク(朴潤南)(230)
女性のためのアジア平和国民基金」における募金活動等に対するご協力のお願いについて……女性のためのアジア平和国民基金(231)
女性のためのアジア平和国民基金の暮金活動等に対するご協力について(依頼)……内閣官房長官(232)
女性のためのアジア平和国民基金の募金活動等に対するご協力について(依頼)……建設大臣官房長(233)
自治労宛〕公開抗議文……韓国人被害者全学順、韓国挺身隊問題対策協議会など26団体(236)
「女性基金」募金活動のポスター等の回収について……全日本自治団体労働組合(237)
「女性基金」募金活動のポスター等の回収に関連する「自治労第35号文書」に対する立場……韓国挺身隊問題対策協議会(239)
女性のためのアジア平和国民基金」の自治労教宣物問題に関する経過について……全日本自治団体労働組合(241)
「戦後補償問題」に対する全水道の取組みについて……全日本水道労働組合(243)
女性のためのアジア平和国民基金」について……東京平和運動センター(248)
ケア・センター(仮称)設立趣意書……日本の戦後責任をハッキリさせる会(251)
女性のためのアジア平和国民基金」反対!国際会議チラシ……つぶせ「国民基金実行委員会(252)
女性のためのアジア平和国民基金」反対!国際会議報告書〔抄〕……つぶせ「国民基金実行委員会(252)

5 クマラスワミ勧告と「国民基金」の強行支給(253)

参議院議長閣下並びに全議員諸氏へ 御許へ……中華民国立法院 立法委員(274)
第4回日本軍慰安婦」問題アジア連帯会議決議文(277)
第4回日本軍慰安婦」問題アジア連帯会議行動計画(280
「正義の実現」求める被害者たち フィリッピンで 第4回日本軍慰安婦」問題アジア連帯会議 ……グループ・性と天皇制を考える(『いま』第9号・1996年6月15日)(281)
日本政府免罪符を与える「女性のためのアジア平和国民基金」に反対されるよう求めます……つぶせ!「国民基金実行委員会・国際仲裁裁判を成功させ個人賠償を実現させる連絡会(284)
戦時における軍隊性奴隷についてのラディカ・クマラスワミさんの報告書を支持する国際協議会……韓国挺身隊問題対策協議会・リラ・ピリピナ・台北婦女救援基金会他(286)
女性のためのアジア平和国民基金理事長宛〕申入書……国際仲裁裁判を成功させ個人賠償を実現させる連絡会・「国民基金」反対!国際会議実行委員会(288)
公開書簡 日本政府は第52国連人権委員会の決議に従って女性への暴力に関する特別報告官の勧告を履行せよ……韓国挺身隊問題対策協議会他28団体(290)
「国民基金」拒否・東京宣言……クマラスワミさんの勧告を支持する国際協議会・東京宣言集会(292)
誠実こそ最良の政策……台北市婦女救援社会福祉事業基金会(荘國明弁護士)(294)
民間基金は要らんI台湾慰安婦の本心(295)
女性のためのアジア平和国民基金理事長宛〕申入れ書……国際仲裁裁判を成功させ個人賠償を実現させる連絡会・つぶせ「国民基金実行委員会(296)
日本政府国連人権委員会決議を承認し勧告実行するよう求める文書〕……日本カトリック女子修道会総長管区長会(298)
女性のためのアジア平和国民基金理事長宛抗議文……国際仲裁裁判を成功させ個人賠償を実現させる連絡会・つぶせ「国民基金実行委員会(299)
日本トヨタ企業製品に対する不買運動にあたって~私たちの立場……韓国挺身隊問題対策協議会(300)
奥野・板垣発言に抗議し「国民基金」の撤回を求める女たちの集会チラシ……つぶせ!「国民基金実行委員会(302)
「国民基金」は受け入れられない……韓明淑(303)
女性のためのアジア平和国民基金理事長宛〕要請書……国際仲裁裁判を成功させ個人賠償を実現させる連絡会・つぶせ!「国民基金実行委員会(308)
韓国の被害当事者に対する「アジア女性基金」の事業の開始について……女性のためのアジア平和国民基金(310)日本「女性のためのアジア平和国民基金」対話チーム……韓国の被害者たちに“日本で総500万円現金支給”という根拠のない言葉で被害者たちに国民基金受け取りを慫慂……韓国挺身隊問題対策協議会(311)
〔「国民基金」側から挺対協宛〕抗議文・=女性のためのアジア平和国民基金(312)
「国民基金」関係者たちが公式、非公式に韓国で元日本軍慰安婦」に対して行なっていることの報告……尹貞玉(314)
神道さん宛「アジア女性基金事業のご説明について」……女性のためのアジア平和国民基金(316)
在日の「慰安婦裁判を支える会の「国民基金」に関する基本的立場……在日の「慰安婦裁判を支える会(318)
フィリピンの元「慰安婦」たちの現状について……フィリピン元「慰安婦」を支援する会(320)
〔「慰安婦」被害者・姜徳景さんの橋本龍太郎首相宛手紙〕(321)
〔「慰安婦」被害者・金学順さんの橋本龍太郎首相宛手紙〕(322)
〔Taipei Women’s Rescue Foundation Henry K・M・Chuang=台北市婦女救援社会福利事業基金会荘國明弁護士宛手紙〕……下村満子(324)
公開質問書……韓国挺身隊問題対策協議会(327)

6 日本軍慰安婦」問題の正しい解決のための市民連帯の発足(329)

日本軍慰安婦」問題の正しい解決のための市民連帯(仮称)結成趣旨文……日本軍慰安婦」問題の正しい解決のための市民連帯発起人(329)
日本軍慰安婦」問題の正しい解決のための市民連帯結成と今後の展望……尹美香(332)
日本軍慰安婦」の運動と生活を支える川崎市民連帯設立趣意書(333)
台湾日本軍「性奴隷(慰安婦“”)」問題を考える会結成集会のお知らせチラシ(334)
台湾日本軍「性奴隷(慰安婦“”)」問題を考える会結成にあたって(335)
「国民基金」即中止を求める大抗議集会in大阪チラシ……「国民基金」撤回を求める関西・女のネットワーク大阪)、つぶせ「国民基金実行委員会東京)、「従軍慰安婦」問題を考える会(福岡)(336)
インドネシアの被害者 国民基金に対する抗議文を提出……プディ・ハルトノ(339)
「国民基金」即中止を求める抗議集会基調報告……鈴木裕子(341)
MALAYA LOLAS メッセージ(趣旨)(345)
「被害者は拒否!『国民基金』を中止せよ!」12・15集会アピール(346)
「新しい歴史教科書を作る会」に抗議する女たちの緊急アピール(348)

三 許すな!「国民基金」・緊急国際集会から第5回アジア連帯会議へ(349)

1 韓国台湾での「償い金」強行支給策動と「許すな!『国民基金』緊急国際集会」開催(349)

日本政府の欺瞞的行為を強力に糾弾する……強制連行された日本軍慰安婦」問題解決のための市民連帯・韓国挺身隊問題対策協議会(349)
韓国の元「慰安婦」への「償い金」強行支給に抗議する……「国民基金」撤回を求める関西・女のネットワーク(352)
質問状に対する回答……外務省アジア局地域政策課(354)
台北市婦女救援社会福利事業基金会宛書簡……「国民基金」副理事長衛藤瀋吉(356)
台北市婦女救援社会福利事業基金会宛書簡……「国民基金」理事長原文兵衛(357)
女性のためのアジア平和国民基金理事長宛書簡……台北市婦女救援社会福利事業基金理事長沈美眞(358)
日本軍の性暴力を問う新たな連帯の出発―マラヤ・ロラズとともに―』集会報告〔抄〕(359)
女性の地位と役割に関するカリフォルニア太平洋年次会議委員会からの橋本龍太郎総理大臣あて要請書……アメリカ合衆国メソディスト教会連盟(372)
台北市婦女救援基金会緊急声明(374)
宣言文「日本政府の公式謝罪と法廷賠償を追及するわれわれの運動は今後も続くであろう」……強制連行されたい日本軍慰安婦」問題解決のための市民連帯(380)
ドイツにおける7万人署名のための)請願書 武力紛争下の監禁売春に抗して―韓国慰安婦」をめぐって(382)

2 〈再びの凌辱〉を許すな!「国民基金」・緊急国際集会(384)

〈再びの凌辱〉を許すな!「国民基金」・緊急国際集会冊子(384)
各地からのメッセージ・決議文(401)
挺対協宛「国民基金」書簡(402)
挺対協から「国民基金」宛「抗議文」……韓国挺身隊問題対策協議会(403)
「国民基金」宛抗議文……許すな!「国民基金」緊急国際会議日本側呼びかけ人(405)
挺身隊春も荷を守る募金に関する協助の件……韓国挺身隊問題対策協議会(406)
アジア女性基金からの挺対協宛への回答……アジア女性基金専務理事・事務局長伊勢桃代(408)
インドネシアの「慰安婦」問題を考える会から「アジア女性基金」宛質問状……大村哲夫(410)
インドネシアの「慰安婦」問題を考える会宛「アジア女性基金」からの回答書(414)

3 第5回アジア連帯会議と責任者処罰、女性国際戦犯法廷へ(416)

第5回日本軍慰安婦」のためのアジア連帯会議共同決議文(416)
第5回日本軍慰安婦」のためのアジア連帯会議報告集会in東京 チラシ(418)



○概要




○引用

[写真の解説文]
[1枚目]「国民基金」の償い金の「強行支給」を拒否して、「マラヤ・ロラズ」を結成したフィリピンの被害者バリサリサさん(前列右から3人目)を囲んで。「つぶせ!『国民基金実行委員会」のメンバー。前列右から山田英津子・インダイ・サホール・バリサリサ・山口明子・編著者・フィリピンの被害女性・石川逸子・野上美保子・桑崎晴美・三宅和子・赤塚頌子。中列右端は朴潤南(故人)・後列右より大倉一美神父・高嶋たつ江(故人)さん。1996年8月21日、東京カトリック働く人の家で)。
[2枚目]「第1回従軍『慰安婦』問題アジア連帯会議」で挨拶する被害者ハルモニ。右から姜徳景、文必琪、金学順。姜さんは97年2月、金さんは同年12月に逝去。左端は、安相任アジア性神学教育院院長。1992年8月10日
[3枚目]第3回日本軍慰安婦』問題アジア連帯会議(主題テーマは「戦後50年、なぜ日本軍慰安婦」問題は解決しなかったのか」)は、「民間慰労金」反対で結集した。壇上は、発題報告者。左から挺身隊対策協議会企画委員長池銀姫・金英姫(在日)。カーター愛子(故人)。円谷恭子さん。1995年2月28日、ソウル
[4枚目]韓国で最初に「慰安婦」として名乗り出た金学順さん。1994年ソウル
[5枚目]講演で来日した尹貞玉挺対協代表(前列左から二人目)を囲んで。「つぶせ!『国民基金実行委員会」のメンバーたちと。前列左より、高橋喜久子・尹貞玉・編著者・山口明子・李美也子、後列左から三宅和子・大島ふさ子・山崎啓子・池田恵理子・高木たか・梁雪之・桑崎晴美・野上美保子さん。1996年11月14日、東京池袋エポック10
[6枚目]国際仲裁裁判を成功させる集いに参加した被害者ハルモニと挺身隊対策協議会。前列左から姜徳景。金学順・朴玉蓮・文必琪、一人おいて尹貞玉・権喜順・金信実・裵今子(弁護士)。池銀姫。後列左から2人目、李容洙。朴頭理・金恵媛・尹美香さん。1994年09月15日、神田パンセ
[7枚目]「私たちは国民基金に反対する」(漫画を書いたのは大越愛子さん)の垂れ幕をもって水曜デモに参加した日本側支援者。前列右から大越愛子、一人おいて志水紀代子・笠間清子さん。後列右から5人目金允玉挺対協共同代表。1998年2月4日、ソウル駐韓日本大使館
[8枚目]「許すな!『国民基金』・緊急国際集会」で報告する松井やよりさん(故人)。1997年7月27日、東京学士会館
[9枚目]「国民基金とたたかった被害者ハルモニ黄錦周さん(中央)。右から志水紀代子・須田馨・黄錦周さん・尹貞玉挺対協元共同代表・編集者。第6回日本軍慰安婦」問題アジア連帯会議で。2003年4月20日ソウル
[10枚目]被害者ハルモニたちの水曜デモは今も続いている。シスターたちが掲げているパネルは「国民基金は解散せよ」。2002年4月3日、第503回水曜デモ。ソウル駐韓日本大使館
[11枚目]「許すな!『国民基金』緊急国最集会」で報告する台北市婦援会の何碧珍執行長(左)。右は通訳。1997年7月27日、東京学士会館


P094~099

告訴状(一九九四年二月七日)

告訴人 別紙目録に同じ

告訴人たちの連絡先 韓国ソウル特別市中区奨忠洞一街三八――八四女性平和の家B―1
韓国挺身隊問題対策協議会

日本での連絡先 東京都新宿区西早稲田二―三―一八 日本キリスト教協議会女性委員会気付

被告訴人 氏名不詳者多数

 上記被告訴人たちに対して以下のように戦争犯罪及び人道に対する罪など、被疑事件として告訴するので処罰して下さるようお願い致します。
以下

 一、告訴人たちは一九三〇年代から四〇年代にかけて当時の日本帝国の官僚や軍人、または彼らの嘱託をうけた民間人らによって、拉致、詐欺、強制によりいわゆる挺身隊として動員され、日本軍人たちの性奴隷となった者たちです。告訴人たちはその当時、地獄のような生活をしながらも生きながらえ、その当時の傷によって現在まで正常な社会活動をできない状況にあります。さらに告訴人たちの大部分は子供の出産が不可能であり、扶養してくれる家族もなく、生きる苦しみを味わっております。また、出産に成功したとしても、こどもたちも母の過去のために、肉体的、社会的困難を経験しており、告訴人たちの過去のために二世代及び未来の世代にまで苦痛の荷が引き継がれている状態です。
 二、告訴人たちが日本軍の性奴隷とされた経緯、性奴隷として監禁、暴行、強姦された事情、戦争が終わって帰国した状況、その後の過程や社会生活の困難さについては別添の証言集に詳しく記されています。
 しかし、告訴人たちが受けた犯罪行為を要約すれば次のようになります。まず、ほとんどが未成年者の幼い少女であった告訴人たちは性についてまったく無知であり、自らの運命を知らぬまま性奴隷とされました。その過程は強制連行、詐欺行為などによって行われました。もし、性奴隷とされることを知っていれば、誰もこれに応じたり、黙ってついて行ったりはしなかったでしょう。これは純真無垢な幼い少女たちを地獄に連れていった行為に他なりません。告訴人たちは各地の日本軍駐屯地を移動しながら、日本軍の性奴隷に転落させられました。最初は抵抗する告訴人たちを強姦し、このような強姦が続く中で告訴人たちは絶望と嘆息の中で歳月を送りました。引き続く監禁状態の中で厳重な監視がっきまとい脱出は到底不可能でした。抵抗したり、脱出を試みたり、軍人の要求に従わないなどの理由で暴行、殴打され、これによって告訴人たちは様々な傷で満身創痍となりました。
 告訴人たちは法律に無知ですが、告訴人たちが受けた被害は人類の歴史上類例を探すことのできない残酷な犯罪行為であると断定します。告訴人たちは単純に一度の強姦によって処女性を失ったのではなく、長い歳月にわたる屈辱と強姦と傷によって人間としてのあらゆるものを失いました。人間としての最小限の自尊心、人間に対する信頼を喪失した告訴人たちは、絶望の淵からようやく生きながらえてきました。
 三、歳月が流れて告訴人たちの問題が国際社会に提起され、告訴人たちが受けた苦痛が紹介されました。しかし、依然として日本政府は、告訴人たちが受けたその試練と苦痛をいたわろうとする努力をしておりません。言葉の遊びにすぎない謝罪発言、日本政府が保管しているという多くの記録を公開せず、賠償責任を回避するなどが、まさにこのような日本政府の態度を示す事例です。
 こうした日本政府の態度は告訴人たちの胸にもう一つの傷を与えることと同じです。耐えに耐えた憤りが再びわきおこっていることを告訴入たちは感じています。今になってもその犯罪事実を隠蔽し、糊塗しようとするとは、人間の顔をしてどうしてそのようなことができるのかというのが、告訴人たちの正直な思いです。
 告訴人たちはすでに捨てた身であり、失われた霊魂です。日本政府がいくら謝罪し、補償しようとも、その滅ぼされた身体と失われた霊魂は甦りません。ただ、わたしたちが望むことは日本政府が率直な態度で再びこのようなことが起こらぬよう努力するという決意をし、その証として、告訴人たちに対する賠償と教科書への記述、記念館の建立などをせよということです。
 四、しかし、このような善意と自らの意思による日本政府の措置を期待することができないということを悟った告訴人たちは、いま最後に、告訴人たちをこのような状況におとしめた加害者たちを探し、処罰せよという要求をしようと思います。告訴人たちの要求はその法的根拠や基礎がいかなるものであれ、人間の良心と常識、正義感に基づいております。
 告訴人たちは、その当時、誰がどのような構想のもとに性奴隷制としての軍慰安婦制度を草案し、企画し、実行したのか知りませんでした。しかし、今日、多くの歴史学者たちが明らかにしたところによれば、その犯罪行為に加担した者たちを探し出すことができるだろうと確信します。のみならず、告訴人たちが配置された場所と部隊などを告訴人たちが記憶しているので、その部隊の部隊長をけじめとする幹部たちを捜し出すことも難しくないと思います。このすべての資料と記憶の片鱗を集めるならば犯罪者を捜し出すことが可能でありましょう。
 告発人たらは正式に要求します。そして告訴人たちの目で確認しようと思います。どのような者たちが告訴人たちをあのような状況におとしめたのかを。どのような野獣のような人間たちが同じ人間をあのようにすることができたのかを。
     添付書類 証言集 姜徳景外一四八人

   一九九四年二月七日
     右 告訴人  別紙目録に同じ
     告訴人連絡先 東京都新宿区西早稲田二―三―一八
   日本キリスト教協議会女性委員会気付
日本国 東京検察庁 検事正殿 

別紙目録
告訴人名簿 姓名  住所 
姜徳景(カン・ドクキョン) 大韓民国ソウル市中区奨忠洞一街三八―八四 女性平和の家B―1
金卿順(キム・ギョンスン)  右に同じ
金福童(キム・ポクドン)   右に同じ
金順徳(キムースンドク)    右に同じ
金殷禮(キム・ウンレ)  右に同じ
文玉珠(ムン・オクチュ)  右に同じ
文必琪(ムン・ピルギ)  右に同じ
朴頭理(パク・トゥリ)  右に同じ
朴玉蓮(パク・オンニョン)  右に同じ
裵足干(ぺ・ジョッカン)  右に同じ
裵英子(ぺ・ヨンジャ)  右に同じ
孫判妊(ソン・パナム)  右に同じ
沈美子(シム・ミジャ)  右に同じ
呉五穆(オ・オモク)  右に同じ
柳福順(ユ・ポクスン)  右に同じ
尹斗伊(ユン・ドゥイ)  右に同じ
尹順萬(ユン・スンマン)  右に同じ
李英淑(イ・ヨンスク)  右に同じ
李容女(イ・ヨンニョ)  右に同じ
李容洙(イ・ヨンス)  右に同じ
崔順南(チエ・スンナム)  右に同じ
崔純月(チエ・スノル)  右に同じ
崔一禮(チエ・イルレ)  右に同じ
河順女(ハ・スンニョ)  右に同じ
河占蓮(ハ・チョムニョン)  右に同じ
黄錦周(ホアン・クムジュ)  右に同じ
黄玉任(ホアン・オッキム)  右に同じ



P099~120
告発状
(略)



P321

 日本政府が現在推進している「国民基金」は、元日本軍慰安婦」の私たちをお金で惑わそうとするものです。歴史の真実をお金で売りとばそうとする行為です。
 過去、日本のあなたたちが犯した犯罪は、夢にも忘れることのできないひどいものです。けれども日本は日本軍慰安婦」問題を初めとするあらゆる問題に謝罪と真相究明をしないまま、正当な賠償もせずに幕を引こうとしています。
 再度、日本政府の責任ある首相に要求いたします。かつての受難の歴史を回復することができるように、国際法に基づいた謝罪と賠償をし、私たちの名誉回復をはかることを求めます。すでに、韓国の私たちハルモニは日本に対して、民間募金を一円も受けないと拒絶しました。こうした状況にもかかわらず、なおかつ脅迫的に「国民基金」を強行するならば、日本は再び私たちの人権を蹂躙することになるのであり、国際社会で道徳的な責任を免れることはできないでしょう。
 私たちは死ぬまでこの問題に対して闘いつづけるつもりです。また、勝利することを信じて疑いません。日本がこれ以上、恥をさらさないうちに謝罪と賠償を行うことを要求します。

美徳景 一九九六年九月四日



P322

 一九九六年九月四日日本国総理・橋本龍太郎貴下

 私は金学順と申します。一九九一年八月一四日に初めて証言し、日本政府が隠しとおしてきた「慰安婦」問題の歴史的な扉を開けてからもう五年も経ちました。誇らしいことなどひとつもない私自身の過去を明らかに名のりましたのは、いくらかのお金をもらうためではありません。
 私には死に水を取ってくれる身内も既におらず、死に装束も用意し入るべき墓も準備してあります。こんな私に何のお金が必要だというのでしょう。
 ところが、日本は「国民基金」を集めるほどの誠意を見せたのだからもう終わりにしてもいいだろう、何をさらに物欲しげに要求しているのか、といわんばかりの最近の日本側の態度には、私は憤りを押さえることができません。
 私か望むのは、日本政府の謝罪と国家的な賠償です。いくばくかのお金で解決することができると考えておられるのなら、それは間違いです。
 三六年の間植民地とされた苦痛に加えて、「慰安婦」生活の苦悩をいったいどのようにはらしたらいいとおっしゃるのでしょう。胸が痛くてたまりません。韓国人を無視しないで下さい。韓国のハルモニ、ハラボジに当時の行いの許しを乞うべきではないでしょうか

金学順 一九九六年九月四日






○索引
050 ラディカ・クマラスワミ
052 和田春樹
053 和田氏、尹貞玉池明観、呉在植、金ソンジュ、尹美香
054 山下英愛
055 尹貞玉、裵奉奇
056 尹貞玉、大越愛子、井桁碧編著『現代フェミニズムエシックス
057 大沼保昭、和田春樹、朴裕河、井桁碧、尹貞玉氏や中原道子 洪ユン伸氏や沖縄の女性たちや与那覇博敏氏
058 パクチュンヒ、尹貞玉
059 和田雅夫氏、クマラスワミ、橋本龍太郎内閣梶山静六官房長官尹貞玉
060 和田春樹、尹貞玉、柳宗夏外相、大沼保昭
061 荘国明弁護士
062 奥野誠亮、板垣正、黛敏郎、十田村四郎、東条英機らの戦犯
063 光州事件韓明淑、何碧珍執行長、金允玉挺対協共同代表
064 支援金給付を決定 側面支援
065 申蕙秀国際協力委員長
066 和田春樹
067 上野千鶴子鶴見俊輔
068 中野敏男、鄭鉉柏
068 和田春樹、大沼保昭
069 尹貞玉
070 蘇貞姫、朴裕河、和田春樹
071 大佛次郎論壇賞
072 大沼保昭朴裕河、金富子、中野敏男、上野千鶴子
073 和田春樹、鈴木裕子上野千鶴子
074 吉見義明氏とわたくしを、高橋哲哉
075 清水澄子
076 誰でも好き好んで間違った道を歩みたいとは思わないであろう。人間はいくら努力しても間違いを犯すことがある。重要なのは、間違いと気がついたとき、間違いを率直に認め、反省の糧とすることであろう。上野氏の言は、結局のところ、自らの間違いと気づいたとき、認めないための伏線を張っているにすぎない。
078 小泉首相、他の部署に飛ばされ
079 安倍晋三マイク・ホンダ
080 米国ロビーストが決議阻止に動いた
081 橋下徹橋本市長、高市早苗、世宗研究所の陳昌洙日本研究センター長
082 安倍晋三内閣宮沢喜一河野洋平
083 加藤良三駐米日本大使
084 安倍晋三総裁(現首相)ら国会議員三八人が賛同人に名を連ねていた、桜井よしこ鈴木裕子、山下英愛、外村大
085 安倍総裁
086 ロックバンド「桜乱舞流」、下村博文
087 オバマ米大統領、朴仁煥委員長
088 橋下徹大阪市長石原慎太郎東京都知事
089 米海兵隊司令官菅義偉官房長官
090 庵逧由香氏とわたくしが参加、ソウル高麗大学韓国史研究所、女性家族部(女性家族省)委託事業
092 [筆者コメント:加害責任を認めることが第一]
093 [筆者コメント:4→国対国ではなく国連の場にひきだした、そうすれば日本側主張が他国から認められないことを確信していたのだろう]
095 [筆者コメント:あらゆるものを知りました→おそらく信頼関係が大きいと筆者は見る、と思ったらそのすぐ次にはっきりそのことが書いてあった]
097~098 [筆者コメント:日本政府を訴えた韓国人は9+3=12人、けっして多数とはいえない]
106 [筆者コメント:「人種的理由」→「民族差別的理由」としたほうがより適当]
107 バタビア
109 [筆者コメント:確立された国際慣習法は各国の締結手続きの必要がない]
112 [筆者コメント:韓国フィリピン中国以外の軍「慰安婦」、「そうだ」と言ったら否定論者はどうする気なのか? 均衡原則にそむく]
113 崔明順
114 崔明順
115 未来志向的関係の樹立であり、これ即ち
116 ブトロス・ブトロス・ガリ国連事務総長、「天が崩れようと正義は立つ」という法格言どおり
117 デムヤニューク(Demjanjuk)
119 ジーモン・ウィーゼンタール(Simon Wiessental)
119 [決定いること][校正] 
122 現在、韓国には申告した被害者数は145名ほどです
126 告訴人(被害者)姜徳景他26名、告発人韓国挺身隊問題対策協議会
128 外務省アジア局局長川島裕、地域政策課長小島誠二、鳩山由紀夫官房長官、永野元法務大臣羽田首相
[筆者コメント:1円訴訟というのも日本政府法律体系内の技術的な問題であり本当は謝罪文要求だけでもかまわないはず]
131 九一年以降五名の被害者が死亡しました
132 李効再、尹貞玉、金嬉媛、村山富市
135 乾晴美、上野千鶴子紀平悌子小池百合子清水澄子、田中さと子、堂本睦子、樋口恵子広中和歌子福島瑞穂
[筆者コメント:すくなくとも「安心して政府の責任追及できるようにするための基金、これでは絶対に終わりにならない」ことを明言すべきだった、これでは補償の肩代わりといわれてもしかたがない][もしくは、個々の被害者の証言から部隊名などの情報の特定作業を進め、その費用をマルマル日本政府に要求する、という手もありうるのではないか? どうせ払うかどうか怪しいのだからめいいっぱい要求しておいて何が悪い?]
138 (謝罪文を添える)
140 「翼賛」への道
141 [なってい→きます][校正]
142 [行勤][校正
143 関係史の究明に当てる[←!?:筆者コメント]、犠牲者の慰謝[←加害者側がやるべきことは「不正義への修正」:筆者コメント]
145 道義を重んずる国[←!?:筆者コメント]
147 高木健一、和田春樹、臼井敬子、竹村景子、清水ミチコ、五十嵐長官
148 [世界各地において][←日本がぬけている!?:筆者コメント]
149 道義を重んずる国[←!?:筆者コメント]
151 中川勝 竹村泰子
154 海部―宮沢―細川―羽田―村山
158 「未来志向」[←歴史資料をきちんとあたってよかった、この単語は前々からあったのだ:筆者コメント]
159 金景錫
155~157 [「村山首相談話に対するわたしたちの立場」の配置、順番がわかりにくい][校正][156が1番目、155が2番目、157が3番目]
162 永野法務大臣、桜井環境庁長官
165 満一年間の間に六人のハルモニが亡くなり
166 ユ・ビョンウ氏
167 特別報告官、リンダ・シャベツ、クマラ・スワミ、ジワネ、ギゼー
167 [理論家すること][校正]
168 ボスニアの女性と連帯して
169 金順徳 Kim Soon-Deuk さかずの花 Unblossomed Flower
170 ハンガーストライキ、金学順、李順徳
171 金泳三
172 李効再、尹貞玉、金嬉媛
173 速水優
174 百人近い弁護士
175 マルティン・ニーメラー牧師、ダハウ獄窓説教「されど神の言葉はつながれたるにあらず」、大村勇先生
176 カトリック東京大司教区教区長 枢機卿 白柳誠一
177 金泳三、[←別に挺対協と韓国政府は一体のものでもなんでもない:筆者コメント]
178 [1966年に締結された韓日協定][校正:1966→1965]
178 大韓弁護士、協会金を、李世中
181 カトリックソウル大教区長枢機卿金寿
186 議論が大きく分かれ
187 [征って][校正:一段下げていない]
188 [韓国人被害者49人][校正:おそらく「149人」のまちがい]
188 ~ところが~[校正:一段下げていない]189 五十嵐広三内閣官房長官、ラリカ・クマラスワミさん、リンダ・チャベスさん
186~187 [日赤はどちらかというと基金に批判的、ただし「専門範囲ではない」という理由だが]
189 主張の対立がある
193 Neria SANCHO
194 「慰労金粉砕」「チャリティーマネー・ノー」
194 [被害者の相違は。][校正]
198 抗議声明/国内33団体・海外4団体。12個人 斉藤愛子(カトリック東京正義と平和委員会)、高橋喜久江(日本キリスト教矯風会)、郡島恒昭光照寺)、飛田雄一、田中裕史(アジア民衆法廷準備会)、高橋優子(同右)、伊藤孝司、船橋邦子、赤石千衣子、上杉聰(心に刻む会)、井上澄子、西川重則(平和遺族会国連絡会)
201 秋山ちえ子 井上ひさし 入江昭 坂本義和 澤地久枝 沢村貞子 鶴見和子 福島瑞穂
202 三木睦子 宮崎勇 安江良介206 張完翼、申蕙秀、寺沢勝子、阿部浩己 韓国フィリピン在日、元「慰安婦」被害女性 司会水野直樹・鈴木二郎、上杉聡、空野佳弘
204 フリア・ポラス(フィリピン人元「慰安婦」) 金順徳(朝鮮人元「慰安婦」) 鈴木裕子(女性史研究家) 新屋英子(女優)
206 水野直樹、姜昌一、金徳鎬、琴秉洞、白奉圭、姜萬吉、山田昭次、鄭鎭星、田中宏、洪祥進、ジェラード・マングラスラカー、村松高夫
205 カーター愛子、荒井信一、アダマ・ディエン、テオ・ファン・ボーベン、ウスティニア・ドルゴポル、戸塚悦朗、柴洋子、朴潤南、石川悦子、吉見義明鈴木裕子、中原道子、朴成玉、インダイ・サホール
209 [筆者コメント:日本政府に対する責任をみとめるのが前提であることを明確に認めていない、露悪的にいうならば、認めるだけならタダなのだ、ゴニョゴニョわけのわからないことを「謝罪」というのは、何か裏があるからだ。これはとても役に立つ経験則である、もちろんこちらにも返ってくる話なのだが]
210 「女性のためのアジア平和国民基金」呼びかけ人 赤松良子 芦田甚之助 衛藤瀋吉 大来寿子 大鷹淑子 大沼保昭 岡本行夫 加藤タキ 下村満子 鈴木健二 須之部量三 高橋祥起 鶴見俊輔 野田愛子 野中邦子 萩原延壽 三木睦子 宮崎勇 山本正 和田春樹
211 [95人勧][校正]
211 [筆者コメント:自治労は最終解決でないとしつつも、基金に一応賛成]
212 後藤森重
219 代案としてのPCA
213 [~「基金」~、~しかし~][校正:一段下げていない]
214 松岡澄子、入江清弘、李順徳さんは「私は乞食ではない。民間から集めた同情の金は要らない。日本政府がきちんと謝って金をもって来てくれ」と、「民間基金」に強く反対しています。
218 日本近代を問うフェミニズムの会 井桁碧 志水紀代子 大越愛子 源淳子 岡野治子 持田季未子
221 [~日本がまた~][校正:一段さげていない]
222 [日本は慰安婦問題は][校正:一段さげていない]
225 現在韓国政府の登録している164名の元「慰安婦」 
226 赤塚、石川逸子、カーター愛子、笠原洋子、金好子、桑崎晴美、柴洋子、鈴木裕子、高城たか、武田てるよ、畠澤明枝、松坂まき、李美也子、山口明子
228 申蕙秀、朴成玉、ウイルボーン、洪祥進、シュライバー、カレンバーカー、戸塚悦朗
229 李哲、Yunn、ファン委員、クレア・バクー委員、リンダ・チャベス委員
231 つきましては~御協力 [←日本政府に金がないときにかぎってそうすべき、金があるのに「よそから金をくれ」というのは、裏があるとしか思えない:筆者コメント]
238 李効再、尹貞玉、成鳳姫、臼井敬子、金学順
239 臼井敬子、金学順、後藤森重
236 金学順
235 金学順
237 後藤森重
240 [←自治労は明確にこの件の責任を認めているわけではない:筆者コメント]
245 [ならない点は!][取り組んで行くのか!][校正]
246 [するのか?][校正]
247 そのような立場から「国民基金」募集活動については、運動圏としても、疑問を持たざるを得ないものであります[←自前の「基金」反対論:筆者コメント]
248 和田春樹
243 加藤壱将
254 高城たか、石川逸子、玄香実、柴洋子、金英姫、鄭書云、池銀姫、アモニタ・パラハディア、ホープ・ヘルヴィラ、フ・タイリ、中原道子、川田文子、源淳子、尹貞玉鈴木裕子戸塚悦朗、金京蘭、韓ジォンク、成シルウン、笠原洋子、花房俊雄、LUNS:ルナス、原田恵子、島袋陽子、フ・タイリ、山崎ひろみ、朴在哲、権喜順、松井やより、金スンヒ、畠澤明枝、戸塚悦朗
256 柴洋子、金英姫、須之部量三
257 鄭書云、池銀姫、
258 アモニタ・パラハディア、レメディスバレンシアホープ・ヘルヴィラ氏
261 川田文子、宋神道三重県教組の謝罪、李容洙氏の提言
262 源淳子、尹貞玉
263 鈴木裕子
264 戸塚悦朗
265 花房俊雄、原田恵子、島袋陽子
266 フ・タイリ、朴在哲、高橋氏
267 山崎ひろみ、横田雄一
268 松井やより、権喜順、畠澤明枝
269 金スンヒ、戸塚悦朗
270 姜徳景、アモニタ・バラハディア、李容洙
268 「現代」グループ系の7病院
262 阪神大震災、37件の被災地の女性への正暴力があった
267 小和田国連大使PKO反対
266 江藤発言
273 姜徳景 Kang Duk-Kyung 私たちの前に謝罪せよ! Apologize Before us
275 (Rudhika Coomarswamy)
277 ラディカ・クマラスワミ
278 国際的不買運動
280 ラディカ・クマラスワミ、リンダ・チャベス
281 ロサ・ヘンソンさんの自伝出版記念バルトニコ、鄭書云、マルディエム
282 池銀姫、荘国明、ネリア・サンチョ、ノブユト、アニセタ
284 土居衆院議長、クマラスワミ
286 ラディカ・クマラスワミ
287 クマラスワミ
288 ラディカ・クマラスワミ
289 ラディカ・クマラスワミ、橋本龍太郎
292 ラディカ・クマラスワミ
293 本岡昭次戸塚悦朗
293 クマラスワミ
294 ラディカ・クマラスワミ
296 原文兵衛
297 原文兵衛、クマラスワミ
298 鎌田論珠、橋本龍太郎、クマラスワミ
302 韓明淑鈴木裕子
304 桜井環境庁長官、永野法務大臣、橋本現首相久保田日本出席代表、亀井静香、村山前首相
305 国連の人権規約B規約で禁止されている「戦争宣伝行為」
306 申告した日本軍慰安婦」の被害者の数は一七四名、一五七名に減りました。
308 原文兵衛、クマラスワミ
308[まず、奥野・板垣暴言を批判すべき:筆者コメント]
311 本岡昭次尹貞玉、尹美香
313 高崎宗司、原田信一、中嶋滋、野中邦子、和田春樹[←いくら払うかという話ではないとずっと言われているのだが?]
314 廣清子、高木清一、山下英愛、金学順、戸塚悦朗、[←サハリン問題関係者を高木弁護士基金のために利用した、それこそ被害者の利用というしかないのではないか?]
315 臼井敬子、李効再、尹貞玉高崎宗司、尹美香、尹貞玉
318 原文兵衛、和田雅夫、宋神道、「ああいう態度は許せるものではない。あれを見て、あきあき、嫌になった」
320 169人全員が一致してNOという!、ネリア・サンチョ、ロサ・ヘンソン[←分裂のもともとの原因はどう考えても基金側にある、もともとの原因というものをおさえることが大事]
323 8月17日現在四億3981万3370円(←220人ぐらい)
324 Jean Chang
325 マリア・ロサ・ヘンソン、Hu Taili[胡台麗]、Shen Meichen〔沈美眞〕
326 現在確認されている33人の被害者、本岡昭次
326 現在の国際法の解釈では、日本政府にその法的責任を認めさせることは著しく困難であり[←そんなことはないだろう:筆者コメント]
327 臼井敬子、尹貞玉、李効再、成鳳善[姫]
327 [60年前][校正?]
328 臼井敬子、高崎宗司、和田春樹
331 金ジョンリム、朴インサン、呉在植、尹貞玉、李ヨンスク、池銀姫、金デリョン、崔永道、李ミョンサム、顧問 安炳茂、洪チャンギィ、姜元龍、邉キュンマン、朴景利、金壽煥
334 中原道子、鈴木裕子
336 尹貞玉
337 クマラスワミ
338 [勧告][校正韓国
338 インドネシアの元従軍慰安婦250名
341 金相喜
342 秦郁彦、クマラスワミ
343 クマラスワミ
345 登録全員数は現在82名
346 [党の][校正:当の]
346 ホルシマン法、クマラスワミ
347 呼びかけ人:加納実紀代・鈴木裕子・川田文子・山崎ひろみ・金富子・石川逸子・高嶋たつ江・森川万智子
348 藤岡信勝西尾幹二、小林よりのり
349 橋本龍太郎[←お金をあげたのだからいいではないか、ではまったくないということだ:筆者コメント]
355 後藤瀋吉
356 沈美眞
357 沈美眞、原文兵衛
358 原文兵衛、沈美眞、
359 笠原洋子、ジュン・ロドリゲス、マキシマ・レガラ、インダイ・サホール、鈴木裕子
360 笠原洋子
361 ジューン・ロドリゲス、マキシマ・レガラ
362 マキシマ・レガラ(67)(マラヤ・ロラズ)
364 インダイ・サホール
366 鈴木裕子
361 ロラ・シマン(マキシマ・レガラさんの愛称)、高嶋たつ江、笠原洋子
365 今一度私たちがなぜ東京地裁に提訴しようとしているかといいますと









[2017年04月15日:第1回目、まず目次を作成]
[2017年05月02日:第2回目、写真の解説文と「索引」を追加] 
[2017年05月05日:第3回目、2通の手紙を追加]
[2017年05月07日:第4回、1994年の「告訴状」「告発状」のうち前者を追加。また、「はしりがきメモ」を追加]
2017年08月27日:第5回、「索引」を大量に追加]



「はしりがきメモ」
・「国民基金」に(原則的に)反対したのは、すべての国の被害当事者である。また、支援者として反対したのは挺対協のみならず、婦援会やマヤラ・ロラズなど、すべての国の支援者たちである。挺対協だけとりあげたのでは、日韓の間の問題という認識のワナにおちこんでしまう。
・「国民基金」側は、いろいろな段階で自分の行動をふりかえるチャンスがあったはずなのに、どうやらそれを支援者とメディア側の責任にしてしまっている。”自分側の問題”と考えていない。筆者がこれら一次資料をひととおり読んでみて考えてみると、これは大変奇妙なことだ。まして性暴力被害者への支援という、いっそうの細かさを要求される活動なのに。
・いわゆる保革対立が反映されているわけではない。また、いわゆる国対国の活動でもありえない。これは原田正純氏らの経験につらなるものだ。
河野洋平は「国民基金」について何の行動も示していない

 

 

※本記事は「s3731127306の資料室」2017年06月10日作成記事を転載したものです。