『梶村秀樹著作集』完全復刊をめざす会・第6支部

名は体をあらわす。伝説の歴史家・梶村秀樹先生(1935年~1989年)の著作集の完全復刊をめざす会です。ほかにも臨時でいろいろ。

「朝鮮近代史研究の当面の状況」「“やぶにらみ”の周辺文明論」の校正が完了しました

この事業は、「第三者」によって行われました。
校正にかかった時間、1.5時間(電子テキストの誤字脱字をなおすのにかかった時間ふくむ)

東海村臨界事故への道 払われなかった安全コスト(七沢潔)

東海村臨界事故への道 払われなかった安全コスト 七沢潔

2005年8月25日 第1刷発行

目次

はじめに
第一章 事故原因の究明は不十分だった 001
 1 住宅地の核惨事 004
 2 公正さを欠いた政府事故調査委員会 007
 3 刑事裁判の成果と限界 010
第二章 目的に合わない施設――JCO転換試験棟改造の「不実」 一九八三年―八六年―― 017
 1 事故は存在しないはずの工程で起こった 021
 2 動燃と住友(JCO)
 3 高速実験炉「常陽」 026
 4 日米再処理交渉と「溶液製造」 028
    開発した混合転換法 030
 5 転換試験棟改造の奇怪 032
 6 一次審査――見過ごされた「溶液製造」 035
 7 二次審査――腰砕けとなった「差し戻し」 036
 8 許認可後に知らされた危険な条件 041
    高かった溶液濃度 041
    混合均一化工程 044
    重労働だった「クロスブレンド」 047
 9 なぜ「溶液製造」が過小評価されたのか 051
    ★JCOはなぜ「溶液製造」をきちんと申請しなかったか? 056
    ★JCOはなぜ「溶液製造」の専用装置を作らなかったか? 058
    ★動燃はなぜ「溶液製造」発注計画を正確に伝えなかったのか? 059
 10 無力だった国(科技庁)の安全審査 066
    安全審査官は動燃からの出向者だった 066
    クロスブレンドは適法か、違法か――分かれる見解 081
第三章 動燃の発注の「変」とJCOの逸脱――プルトニウム利用計画の迷走 一九九二年―九六年―― 087
 1 JCOのリベンジ――事故調の敵を刑事裁判で討つ 090
 2 「もんじゅ」の皺寄せ 092
 3 突然、粉末から溶液に 093
 4 「あかつき丸」事件――国際公約の波紋 097
 5 輸送ウルトラC、製造ウルトラC 102
    聖クリスマスの担当者会議 102
    「製造ウルトラC」の謎 108
 6 「バケツ」の登場 111
    製造課長の実演 111
    「バケツ」溶解の評価 114
 7 JCOの逸脱と動燃の立場 116
    「決して忙しくなかったはず」という主張 116
    動燃は「バケツ」を知っていたか? 118
    検査ウルトラC――工程修正の機会を失った動燃 122
 8 「常陽七次」さらなるスピードアップ 124
    また「もんじゅ」の皺寄せ 124
    「一度できたことは恐ろしいことですよ」 127
    動燃のトラブル、変更につぐ変更 129
    またまた「もんじゅ」の皺寄せ 131
 9 事故の階段をさらに上がった――貯塔による混合均一化 132
    現場の「工夫」が工程を変形された 133
    「社内承認」された許認可違反の仮設配管 135
 10 軌道修正のラストチャンス 138
    九五年九月 JCO安全専門委員会 139
    若いO氏の使命感 140
    会議は三十分で終わった 142
    「裏マニュアル」 144
    何も見ぬけなかった科学技術庁の巡視 145
第四章 崩壊したJCOの安全管理体制――電力自由化の中で 一九九五年―九九年―― 149
 1 リストラの提案 152 
 2 安全管理システムの消滅 155
    「うわのそら」の経営者 155
    教育の不在 157
    安全組織の改編 158
 3 スペシャルクルー 161
 4 横川豊氏の供述 162
 5 経験者がいなくなった 165
 6 解体され再起を期す動燃 167
    「もんじゅ」運転再開への思惑 169
    再処理工場再稼働を見越した溶液発注 170
 7 横川豊氏と面会する 171
 8 「常陽九次」始まる 176
 9 魔の選択、貯塔に代わり沈殿槽で均一化 181
    貯塔をやめ沈殿槽を選んだ動機をめぐって 184
    横川副長の臨界知識 187
    竹村主任、沈殿槽にGOサイン 188
    竹村主任のはまった落とし穴 192
    何も知らなかった上司 194
 10 一瞬の破局 199
    最後の釣り 200
    九月三十日 202
    別れ 206
第五章 東海村臨界事故から学ぶもの 209
 1 特殊ではなく普遍的な事故 211
 2 核燃料サイクル開発計画の中の事故 214
 3 問われる安全のコスト 217
    経済性追求で脆弱な足元 217
 4 「安全崩壊」からの救済策 223
    市民の立場に立つ、独立した規制機関を 223
    規制官が足りない 225
    人間が動かす施設として安全を見る 226
    危険性を見すえる 229
    情報が伝えられ、共有される社会こそ「安全」に近い 233
    みな応分の責任があることを認めよう 239
おわりに 245
参考文献 255

付録図 5
臨界事故までの関連年表 1

臨界事故までの関連年表(1957年から1999年まで、JCO、動燃(サイクル機)、社会の三項目)

付録図1 JCO東海事業所の敷地と転換試験棟
(事故調報告書Ⅱ-16)
付録図2 転換試験棟内の装置の配置(日本原子力学会、JCO事故調査委員会報告書より)
付録図3 転換試験棟生産工程の推移(日本原子力学会、JCO事故調査委員会報告書「JCO臨界事故その全貌の解明」所収の図をもとに編集.)
①常陽4次・硝酸ウラニル生産工程(1986年10月―88年2月)
②常陽6次2回目・硝酸ウラニル溶液生産工程(1993年1月―6月)
③常陽7次・二酸化ウラン粉末生産工程(1995年―1996年)
常陽8次・二酸化ウラン粉末生産工程(1996年―1998年)
④常陽7次・硝酸ウラニル溶液生産工程(1995年10月―1996年2月)
常陽8次・硝酸ウラニル溶液生産工程(1996年8月―11月)
⑤常陽9次(今次)・硝酸ウラニル溶液生産工程
(1999年9月)
付録図4 混合均一化を中心に再溶解工程以降の変遷(岩波ブックレット「臨界事故 隠された深層」より一部変更の上作成)
付録図5-1 動燃/サイクル機構混合転換施設の運転実績[細馬等の論文の図4から一部削除、変更
(サイクル機構技報No.24 2004.9より)]
付録図5-2 プルトニウム転換技術開発施設における混合転換Pu量(サイクル機構提供の図表より作成)



水戸地方検察庁水戸地方裁判所が公開した裁判資料を公開した。この本はその資料をおおいに参考にしている。

「第1巻解説 梶村秀樹著作集」「朝鮮近代史の若干の問題」の校正が完了しました

この事業は、「第三者」によって行われました。
校正にかかった時間、5.0時間=2.0+3.0(電子テキストの誤字脱字をなおすのにかかった時間ふくむ)

愛知県知事リコール署名大量偽造事件の、あと2つの論点

大事件が起きた時、論点は1つだけではない。それを見つけた人は、独創的かつ生産的である。
頭ではわかっているはずなのだが、実行する人は少ないらしい。
そんな鈍感な連中(とても少ないはずなのだが……)にはつきあっていられないので、わたしはさっさと2つ以上の論点を見つける。
今回の愛知県知事リコール署名大量偽造事件、河村たかし高須克弥両氏が有罪になるかどうかが一番の問題になっている。それはもちろんきわめて重要な点である。しかし、それだけで終わらないのが今回の大量偽造事件の重要な論点であるとわたしは考えている。

い、署名偽造は前にもやっていたのか?
ふつうに予想すれば2人以上による常習犯のはず。しかし、手口を見るかぎり、初犯のような雑さが目立つ。なぜ?

ろ、結局のところ、河村たかし氏の支持者とはどんな人か?
s3731127306973.hatenablog.com
はっきり表れた37万1000人の差はなぜ?

もう一つ。
は、インターネット文化の地位上昇とはどのようなものか?
リコール請求者たちはインターネットを活用したはずなのに、愛知県の中で10万人以下しか署名を集められなかった。
なぜ?