『梶村秀樹著作集』完全復刊をめざす会・第6支部

名は体をあらわす。伝説の歴史家・梶村秀樹先生(1935年~1989年)の著作集の完全復刊をめざす会です。ほかにも臨時でいろいろ。

石母田正著作集 目次

天平十一年出雲国大税賑給歴名帳について テンピョウ ジュウイチネン イズモノクニ タイゼイ シンゴウ レキメイチョウ ニ ツイテ
奈良時代農民の婚姻形態に関する一考察 ナラ ジダイ ノウミン ノ コンイン ケイタイ ニ カンスル イチ コウサツ
王朝時代の村落の耕地 オウチョウ ジダイ ノ ソンラク ノ コウチ
古代村落の二つの問題 コダイ ソンラク ノ フタツ ノ モンダイ
竹内理三さんの跡を追う タケウチ リゾウ サン ノ アト オ オウ
歴名帳について レキメイチョウ ニ ツイテ
古代における財産の形態 コダイ ニ オケル ザイサン ノ ケイタイ

目次なし

日本の古代国家 ニホン ノ コダイ コッカ
古代官僚制 コダイ カンリョウセイ
官僚制国家と人民 カンリョウセイ コッカ ト ジンミン
国家と行基と人民 コッカ ト ギョウキ ト ジンミン

日本古代における国際意識について ニホン コダイ ニ オケル コクサイ イシキ ニ ツイテ 1-14
天皇と「諸蕃」 テンノウ ト ショバン 15-34
古代の身分秩序 コダイ ノ ミブン チツジョ 35-82
国家史のための前提について コッカシ ノ タメ ノ ゼンテイ ニ ツイテ 83-106
古代における「帝国主義」について コダイ ニ オケル テイコク シュギ ニ ツイテ 107-126
日本国家の成立 ニホン コッカ ノ セイリツ 127-218
日本におけるVolkの成立について ニホン ニ オケル フォルク ノ セイリツ ニ ツイテ 219-230
日本の古代史を学ぶ人に ニホン ノ コダイシ オ マナブ ヒト ニ 231-242
日本史学史序論 ニホンシガクシ ジョロン 243-254
近代史学史の必要について キンダイ シガクシ ノ ヒツヨウ ニ ツイテ 255-272
近代史学史の必要性について キンダイシガクシ ノ ヒツヨウセイ ニ ツイテ 273-280

中世的世界の形成 チュウセイテキ セカイ ノ ケイセイ
古代史研究の回顧と展望 コダイシ ケンキュウ ノ カイコ ト テンボウ
書翰 ショカン

古代末期の政治過程および政治形態 コダイ マッキ ノ セイジ カテイ オヨビ セイジ ケイタイ
中世成立史の二、三の問題 チュウセイ セイリツシ ノ ニ サン ノ モンダイ
中世史研究の起点 チュウセイシ ケンキュウ ノ キテン
封建制成立の特質について ホウケンセイ セイリツ ノ トクシツ ニ ツイテ

目次なし

中世における権威の問題 チュウセイ ニ オケル ケンイ ノ モンダイ 1-18
中世における天皇制の克服 チュウセイ ニ オケル テンノウセイ ノ コクフク 19-32
古代法と中世法 コダイホウ ト チュウセイホウ 33-50
中世的土地所有権の成立について チュウセイテキ トチ ショユウケン ノ セイリツ ニ ツイテ 51-86
中世国家について チュウセイ コッカ ニ ツイテ 87-94
封建国家に関する理論的諸問題 ホウケン コッカ ニ カンスル リロンテキ ショモンダイ 95-118
古代法 コダイホウ 119-162
古代法の成立について コダイホウ ノ セイリツ ニ ツイテ 163-198
『中世政治社会思想・上』解説 チュウセイ セイジ シャカイ シソウ ジョウ カイセツ 199-284
歴史学と「日本人論」 レキシガク ト ニホンジンロン 285-314

鎌倉政権の成立過程について カマクラ セイケン ノ セイリツ カテイ ニ ツイテ 1-36
平氏政権の総官職設置 ヘイシ セイケン ノ ソウカンショク セッチ 37-56
頼朝の日本国総守護職補任について ヨリトモ ノ ニホンコク ソウシュゴショク ブニン ニ ツイテ 57-84
鎌倉幕府一国地頭職の成立 カマクラ バクフ イッコク ジトウショク ノ セイリツ 85-210
一谷合戦の史料について イチノタニ カッセン ノ シリョウ ニ ツイテ 211-222
文治二年の兵粮米停止について ブンジ ニネン ノ ヒョウロウマイ テイシ ニ ツイテ 223-439
文治二年の守護地頭停止について ブンジ ニネン ノ シュゴ ジトウ テイシ ニ ツイテ 245-284
文治二年の守護地頭停止の史料について ブンジ ニネン ノ シュゴ ジトウ テイシ ノ シリョウ ニ ツイテ 285-298

10

古代貴族の英雄時代 コダイ キゾク ノ エイユウ ジダイ 1-102
古代文学成立の一過程 コダイ ブンガク セイリツ ノ イチカテイ 103-176
日本神話と歴史 ニホン シンワ ト レキシ 177-218
国作りの物語についての覚書 クニズクリ ノ モノガタリ ニ ツイテ ノ オボエガキ 219-256
日本神話 ニホン シンワ 257-270
初期万葉とその背景 ショキ マンヨウ ト ソノ ハイケイ 271-296
万葉時代の貴族生活の一側面 マンヨウ ジダイ ノ キゾク セイカツ ノ イチ ソクメン 297-306
詩と蕃客 シ ト バンカク 307-312

11

『宇津保物語』についての覚書 ウツホ モノガタリ ニ ツイテ ノ オボエガキ 1-38
藤英のことなど トウエイ ノ コトナド 39-42
古代の文学と政治 コダイ ノ ブンガク ト セイジ 43-54<書評>西郷信綱『日本古代文学』 ショヒョウ サイゴウ ノブツナ ニホン コダイ ブンガク 55-62
源氏物語 ゲンジ モノガタリ 63-78
紫式部 ムラサキシキブ 79-86
今昔物語 コンジャク モノガタリ 87-92
作庭記 サクテイキ 93-98
古代末期の貴族精神 コダイ マッキ ノ キゾク セイシン 99-116
愚管抄』の面白さ グカンショウ ノ オモシロサ 117-118<書評>丸山二郎校註『愚管抄』 ショヒョウ マルヤマ ジロウ コウチュウ グカンショウ 119-122
平家物語 ヘイケ モノガタリ 123-260
著者は語る(『平家物語』) チョシャ ワ カタル ヘイケ モノガタリ 261-262<書評>永積安明『封建制下の文学』 ショヒョウ ナガズミ ヤスアキ ホウケンセイカ ノ ブンガク 263-266
『中世散文集』について チュウセイ サンブンシュウ ニ ツイテ 267-272
永積氏の「方丈記徒然草」を読んで ナガズミ シ ノ ホウジョウキ ト ツレズレグサ オ ヨンデ 273-280

12

日本史概説 ニホンシ ガイセツ 1-252
古代史概説 コダイシ ガイセツ 253-330
時代の概観 ジダイ ノ ガイカン 331-372
日本歴史の見方 ニホン レキシ ノ ミカタ 373-434

13

歴史叙述と歴史科学 レキシ ジョジュツ ト レキシ カガク 3-60
歴史科学と唯物論 レキシ カガク ト ユイブツロン 61-100
政治史の対象について セイジシ ノ タイショウ ニ ツイテ 101-122<書評>上原専禄歴史学序説』 ショヒョウ ウエハラ センロク レキシガク ジョセツ 123-132
歴史研究の方法について レキシ ケンキュウ ノ ホウホウ ニ ツイテ 133-140
モンテスキューにおける奴隷制の理論 モンテスキュー ニ オケル ドレイセイ ノ リロン 141-178
アジアの歴史的自己認識 アジア ノ レキシテキ ジコ ニンシキ 179-194
民会と村落共同体 ミンカイ ト ソンラク キョウドウタイ 195-230
東洋社会研究における歴史的方法について トウヨウ シャカイ ケンキュウ ニ オケル レキシテキ ホウホウ ニ ツイテ 231-272
専制国家の二、三の問題について センセイ コッカ ノ ニサン ノ モンダイ ニ ツイテ 273-278
奴隷制度 ドレイ セイド 279-288
アジア的生産様式 アジアテキ セイサン ヨウシキ 289-290
古典古代的共同体についてのノート コテン コダイテキ キョウドウタイ ニ ツイテ ノ ノート 291-304
古代インドの王権とカースト制 コダイ インド ノ オウケン ト カーストセイ 305-326
日本における古代奴隷制の若干の問題点 ニホン ニ オケル コダイ ドレイセイ ノ ジャッカン ノ モンダイテン 327-336

14

政治史の課題 セイジシ ノ カダイ
村の歴史・工場の歴史 ムラ ノ レキシ コウジョウ ノ レキシ
堅氷をわるもの ケンピョウ オ ワル モノ
歴史教育の課題について レキシ キョウイク ノ カダイ ニ ツイテ
歴史学の方法についての感想 レキシガク ノ ホウホウ ニ ツイテ ノ カンソウ
大衆は学ぼうとしている タイシュウ ワ マナボウ ト シテ イル
歴史学における民族の問題 レキシガク ニ オケル ミンゾク ノ モンダイ
危機における歴史学の課題 キキ ニ オケル レキシガク ノ カダイ
民族=植民地問題における一つの問題について ミンゾク ショクミンチ モンダイ ニ オケル ヒトツ ノ モンダイ ニ ツイテ
序歴史と民族の発見 ジョ レキシ ト ミンゾク ノ ハッケン
民族解放と歴史学 ミンゾク カイホウ ト レキシガク
学風の改革の問題 ガクフウ ノ カイカク ノ モンダイ
あとがき アトガキ
弱さをいかに克服するか ヨワサ オ イカニ コクフク スルカ
会津紀行 アイズ キコウ
「国民のための歴史学」おぼえがき コクミン ノ タメ ノ レキシガク オボエガキ

15

歴史家について レキシカ ニ ツイテ 1-22
商人の妻 ショウニン ノ ツマ 23-44
歴史的精神について レキシテキ セイシン ニ ツイテ 45-54
世界史成立の前提 セカイシ セイリツ ノ ゼンテイ 55-80
マルク・ブロックの死 マルク ブロック ノ シ 81-82
国民詩人としての石川啄木 コクミン シジン ト シテ ノ イシカワ タクボク 83-134
中国の歴史家について チュウゴク ノ レキシカ ニ ツイテ 135-148
言葉の問題についての感想 コトバ ノ モンダイ ニ ツイテ ノ カンソウ 149-180
魯迅とケーテ・コルヴィッツ木版画について ロジン ト ケーテ コルヴィッツ ノ モクハンガ ニ ツイテ 181-184
幸徳秋水と中国 コウトク シュウスイ ト チュウゴク 185-214
啄木についての補遺 タクボク ニ ツイテ ノ ホイ 215-234
啄木の新しさ タクボク ノ アタラシサ 235-238
私のチェーホフ ワタクシ ノ チェーホフ 239-242
アナトール・フランス アナトール フランス 243-246
われわれのための遺産 ワレワレ ノ タメ ノ イサン 247-266
ヒューマニズムと歴史感覚 ヒューマニズム ト レキシ カンカク 267-280
現代に生きる古典文学 ゲンダイ ニ イキル コテン ブンガク 281-286
歴史と人間 レキシ ト ニンゲン 287-292
文学への期待 ブンガク エノ キタイ 293-296
歴史観について レキシカン ニ ツイテ 297-312
啄木と現代 タクボク ト ゲンダイ 313-318

16

転換の一年 テンカン ノ イチネン 3-6
実証主義への復帰 ジッショウ シュギ エノ フッキ 7-11
歴史教育の新しい課題 レキシ キョウイク ノ アタラシイ カダイ 12-15
歴史の効用 レキシ ノ コウヨウ 16-19
意識構造の変革 イシキ コウゾウ ノ ヘンカク 20-23
四九年は女房たちの年 ヨンジュウクネン ワ ニョウボウタチ ノ トシ 24-26
学問の源泉について ガクモン ノ ゲンセン ニ ツイテ 27-29
学問の自由について ガクモン ノ ジユウ ニ ツイテ 30-41
民科の当面の任務についての一つの意見 ミンカ ノ トウメン ノ ニンム ニ ツイテ ノ ヒトツ ノ イケン 42-49
声なき声 コエ ナキ コエ 50-52
歴研大会前後 レキケン タイカイ ゼンゴ 53-55
人をうち、人をゆるがす学問を! ヒト オ ウチ ヒト オ ユルガス ガクモン オ 56-65
新しい年をむかえて アタラシイ トシ オ ムカエテ 66-67
祖国を愛する心 ソコク オ アイスル ココロ 68-75
あとがき アトガキ 76-97
MSA協定に抗議する エムエスエー キョウテイ ニ コウギ スル 98-101
明日からどうするか アス カラ ドウスルカ 102-116
敗北と前進 ハイボク ト ゼンシン 117-123
死の科学と民族の思想 シ ノ カガク ト ミンゾク ノ シソウ 124-128
新しい歴史をつくる アタラシイ レキシ オ ツクル 129-133
二つの記録 フタツ ノ キロク 134-147
文化使節を中国におくる ブンカ シセツ オ チュウゴク ニ オクル 148-149
思想を身につけるために シソウ オ ミ ニ ツケル タメ ニ 150-159
協力から創造へ キョウリョク カラ ソウゾウ エ 160-162
『職場の歴史』をめぐって ショクバ ノ レキシ オ メグッテ 163-172
歴史の新しい段階に立って レキシ ノ アタラシイ ダンカイ ニ タッテ 173-180
根をつちかう仕事 ネ オ ツチカウ シゴト 181-187
中国観が甘かったのか チュウゴクカン ガ アマカッタ ノカ 188-189
歴史学研究』の編集方針について レキシガク ケンキュウ ノ ヘンシュウ ホウシン ニ ツイテ 190-192
「廻り道」はおそれない マワリミチ ワ オソレナイ 193-196
言葉について コトバ ニ ツイテ 197-200
民族・歴史・教育 ミンゾク レキシ キョウイク 201-211
安保闘争おぼえがき アンポ トウソウ オボエガキ 212-227
最近の諸事件と民衆の国際意識 サイキン ノ ショジケン ト ミンシュウ ノ コクサイ イシキ 228-239
松川事件東京大会の記 マツカワ ジケン トウキョウ タイカイ ノ キ 240-245
ヴェトナム人民の闘いから日本の歴史家は何を学んでいるか ヴェトナム ジンミン ノ タタカイ カラ ニホン ノ レキシカ ワ ナニ オ マナンデ イルカ 246-249
若き研究者たちへ ワカキ ケンキュウシャタチ エ 250-256
歴史学の誇り レキシガク ノ ホコリ 257-260
新しい女性史 アタラシイ ジョセイシ 261-265
日本史の新教科書 ニホンシ ノ シンキョウカショ 266-273
津田博士の日本史観 ツダ ハクシ ノ ニホンシカン 274-277<書評>林光澈著『朝鮮歴史読本』 ショヒョウ リン コウテツ チョ チョウセン レキシ ドクホン 278-282
私の読書遍歴 ワタクシ ノ ドクショ ヘンレキ 283-285
母と子と ハハ ト コ ト 286-294
母についての手紙 ハハ ニ ツイテ ノ テガミ 295-315
小倉先生の思い出 オグラ センセイ ノ オモイデ 316-318
学者の死 ガクシャ ノ シ 319-320
父と子と チチ ト コ ト 321-323
弱虫物語 ヨワムシ モノガタリ 324-328
三先生のこと サンセンセイ ノ コト 329-333
小倉先生のこと オグラ センセイ ノ コト 334-336
清水さんのこと シミズ サン ノ コト 337-338
リアリズム覚書 リアリズム オボエガキ 339-358
二高生の思想の解剖 ニコウセイ ノ シソウ ノ カイボウ 359-378
書簡 ショカン 379-402

月報

目次なし