「原爆と朝鮮人」1~6(長崎在日朝鮮人の人権を守る会・編、1984年~1994年、自費出版) 目次

岡まさはる記念長崎平和資料館にて販売されている(連絡してもらえば、発送も可能とのこと)http://www.d3.dion.ne.jp/~okakinen/syoseki.html
amazonでは1~3までしか取り扱っていない。


原爆と朝鮮人(長崎朝鮮人被爆者実態調査報告書第一集)
 目次
I.序論 ……………………………岡正治…1
Ⅱ.調査報告……………………………………………………………15
 1. 長崎市北部地区………………………………岡村達雄…16
一、川平地区、浦上水源池上……………………16
二、浦上水源池付近………………………………23
三、道の尾地区……………………………………32
四、昭和町、二郷橋、三菱兵器半地下工場付近 32
五、三菱兵器住吉トンネル(東北郷東側、西側)37
六、西北郷柳谷町…………………………………41
七、三菱兵器大橋工場、三菱第三機械工場……52
八、照円寺下(家野町)…………………………56
九、下大橋、金剛寮、油木、小江原、城山町 59
一〇、駒場町、岡町………………………………81
一一、本原一丁目、二丁目、高尾町、西山町…83
一二、扇町、浜口町………………………………84
一三、長崎刑務所浦上支所………………………84
一四、江平町、三ツ山、金比羅山………………84
一五、竹の久保山中、竹の久保二丁目付近……85
一六、船蔵町、八千代町、幸町、銭座町………91
一七、浦上駅前、岩川町………91
一八、長崎駅周辺、筑後町、大黒町……………91
2.長崎市対岸地区………………………高實康稔
一、稲佐町…………………………………………92
二、水の浦町、飽の浦町…………………………94
三、大曲地区(秋月町)…………………………94
四、西泊町、太田尾地区…………………………97
五、木鉢町…………………………………………101
六、神の島、小瀬戸、小榊地区…………………103
七、福田町、大浜町、小浦町……………………108
3.長崎市南部地区………………………………高實康稔
一、大浦町、八幡町、新地町……………………114
二、上戸町、新戸町………………………………115
三、土井の首、平瀬町、末石町…………………121
四、深堀町…………………………………………126
五、深堀造船所……………………………………以一
六、長崎造船所……………………………………126
七、日見地区………………………………………26
八、網場港付近…………………………………126
4.その他の地区
一、香焼村……………136
Ⅲ.今後の課題 …………………………………岡正治
今後の課題……………………………………140


付録:(一九四五年八月 長崎市、周辺地区朝鮮人飯場、寮、長屋地図)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • -

原爆と朝鮮人(長崎朝鮮人被爆者実態調査報告書第二集)
  目次
第一部 長崎周辺の島嶼部………1
Ⅰ 序論……3
Ⅱ 調査報告………13

1、伊王島…………………………………………14
一、伊王島の歴史と朝鮮人………………………14
二、朝鮮人に関する証言…………………………24
2、香焼島…………………………………………34
一、香焼島の歴史と朝鮮人………………………34
二、朝鮮人に関する証言…………………………39
3、高島…………………………………………58
一、高島の歴史と朝鮮人…………………………58
二、朝鮮人に関する証言…………………………62
4、端島軍艦島)………………………………66
一、端島の歴史と朝鮮人…………………………66
二、朝鮮人に関する証言…………………………69

Ⅲ まとめ………81

第二部 長崎市内(第一集補遺)
一、往吉地区………………………………………90
二、城山町………………………………………92
三、扇町………………………………………94
四、銭座町………………………………………94
五、玉園町・観首寺………………………………95
六、玉園町・聖福寺………………………………98
七、筑後町・法泉寺………………………………100
八、筑後町………………………………………101
九、十人町………………………………………102
十、大浦町………………………………………104
十一、大浦町………………………………………105
十二、末石町………………………………………106
十三、野母半島………………………………………108


                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • -

原爆と朝鮮人(長崎朝鮮人被爆者実態調査報告書第三集)
推せんのことば………………盛善吉・朴致奎

目次

第一部 第三次調査報告……1
 第一章 第三集(総集編)刊行の経過…………………………………………………………………岡正治 3
一、回顧……………………………………3
二、第一次調査(市内)……………………………7
   三、第二次調査(島しょ部)………………………16
   四、第三次総合調査(まとめ)……………………17
 第二章 朝鮮人被爆者に関する証言集(第一集・第二集の補遺)…………………………………………18
   一、長崎市および島しょ部……………………… 18
二、香焼島朝鮮人「犠牲者」墓碑)………………31
   三、野母半島(「水難」朝鮮人墓碑)……………… 44
   四、南高来郡千々石町(砲台建設工事朝鮮人労務者)……………… 47
   五、三菱製鋼所…………………………………… 48
 第三章 朝鮮人被爆者実態調査(第一回~第三回)の総括 付・諸統計表…………………高實康稔 50
   一、調査の目的…………………………………… 50
二、調査の項目]…………………………………… 52
三、調査の方法…………………………………… 53
   四、調査の総括…………………………………… 54
   五、調査の意義と残された課題………………… 63
   六、証言の重み…………………………………… 65

第二部 朝鮮人被爆者に関する今後の課題…………………………………………………………………………… 73
 第一章 朝鮮人被爆者に関する証言「掘り起こし」運動継続の必要性………………………岡正治 75
 第二章 朝鮮人被災白書の作成…………………………………………………………………………岡正治 78
   一、被災白書の必要性…………………………… 78
二、被災白書作成運動の歴史…………………… 80
   三、朝鮮人被災臼書の必要性…………………… 82





 第三章 朝鮮人被爆生存者の実態調査………………………………………………………………岡 正治 83
   一、見捨てられている朝鮮人被爆者…………… 83
二、「在韓被爆者実態調査共同報告書」………… 84
   三、悲惨な内容の調査結果……………………… 85
   四、朝鮮民主主義人民共和国に対する要望…… 95
 第四章 全朝鮮人被爆者完全援護法の制定……………………………………………………………………… 96
   一、日本被団協の「原爆被害者援護法のための要求骨子」(全文)・前記に対する意見……………………… 102
   二、「孫振斗訴訟最高裁判決」(全文)・前記に対する意見……………………………………………………… 109
   三、「原爆被爆者対策基本問題懇談会・原爆被爆者対策の基本理念および基本的ありかたについて」および「日本被団協・基本懇答申についての見解」(全文)・前記に対する意見…………………………………125
   四、朝鮮人原爆被爆者完全援護法早期制定要求…………………………………………………………………… 127
 第五章 朝鮮現地在住の朝鮮人被爆者に対する救援………………………………………………………… 128
   一、在朝鮮原爆被爆者援護の緊急性…………… 128
   二、現地の原爆病院建設と治療・現地の原爆症専門医師の養成……………………………… 132
 第六章 軍需工場「三菱重工」に対する責任追及………………………………………………岡 正治 137
   一、戦争犯罪企業「三菱重工」…………………… 137
   二、「三菱重工」に対する責任追及……………… 146
 第七章「協和会」実態公開の必要性…………………………………………………………………岡正治 148
   一、協和会の実態………………………………… 148
   二、協和会の軍用機献納運動…………………… 155
 第八章 朝鮮人被爆者関係の「遺構」保存運動………………………………………………………岡正治 157
 第九章 朝鮮人原爆犠牲者「追悼」碑問題(ヒロシマ)……………………………………………岡正治 160
   参考文献………………………………………………………………………………………………………………… 163
   附表・朝鮮人被爆者関係年表……………………………………………………………………………藤井裕子 166
   あとがき……………………………………………………………………………………岡正治・高實康稔 176


                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • -


原爆と朝鮮人(長崎朝鮮人被爆者実態調査報告書第四集)
目次
朝鮮人原爆犠牲者追悼碑
●一九一〇(明治43)年ごろの中之島より見た端島全景(端島の沿革)
端島軍艦島)年表
まえがき
推せんのことば
  〈人間化〉の努力 ――歴史的倫理に立脚して………………………………長崎総合科学大学教授 高橋 眞司 11
  「第三部未知への照射」について……………………………………………長崎大学教育学部助教授 舟越耿一 13
  加害の根源にあるもの …………………………………………………………長崎大学経済学部助教授 鎗田 英三 15
  「災害事変報告書」の公開を……………………………………………長崎大学商科短期大学部助教授 西嶋 法友 19

第一部 このゆるされない犯罪 …………………………………………………………………………岡正治 23
        ――朝鮮人の強制連行・強制労働の歴史――

第二部 端島の呻き声…………………………………………………………………………………………………… 31
        ――端島軍艦島)炭坑と朝鮮大労働者――
  (一)「端島」炭坑の歴史 ……………………………………………………………………………………………… 33
   (1) はじめに ……………………………………………………………………………………………高實康稔 33
   (2) 高島炭坑(高島・二子島・中ノ島・端島)…………………………………………………………岡正治 34
  (二) 三菱鉱業の労務者管理の実態…………………………………………………………………………岡正治 38
  (三) 端島における朝鮮人強制労働の実態…………………………………………………………………高實康稔 45
  (四) 端島朝鮮人労働者に関する証言……………………………………………………………………高實康稔 48
   (1) 僧はいう「覚えていない」と…………………………………………………………………………………… 48
   (2) 政府・地方自治体・企業の責任…………………………………………………………………………… 49
   (3) 日本敗戦、朝鮮解放――「人望の篤い人」が村雨《むらさめ》丸で送還した―― ………………………………………… 53
  (五) 日本の縮図――端島………………………………………………………………………………………高實康稔 56

第三部 未知への照射………………………………………………………………………………………岡正治 59
        ――「端島資料」(端島朝鮮人労働者たちの死亡実態)とその解明――
  (一) はじめに……………………………………………………………………………………………………………… 61
   ●端島軍艦島)で死亡した全朝鮮人・中国人数 63
   ●端島軍艦島)で死亡した全日本人数………… 64
●死亡朝鮮人の出身地、朝鮮地図……………… 65
  (二) 未知への照射………………………………………………………………………………………………………… 66
   一、「朝鮮人」の部……………………………… 66
    (一) 高い朝鮮人労働者の死亡率……………… 66 
    (二) 朝鮮大の死亡原因………………………… 69
(1) 病死…… 76 (2) 事故死…… 77
    (三) 朝鮮人死亡原因の究明…………………… 71
   二、「中国人」の部………………………………… 76
    (一) 中国人の死亡原因………………………… 76
        (1) 病死…………… 69  (2) 事故死……………………………… 70
    (二)中国人死亡原因の究明…………………… 77
    (三) 捕虜虐待…………………………………… 77
   三、「日本人」の部………………………………… 80
第四部 怨みの海……………………………… 137
          ――野母崎町南越名「朝鮮大溺死体」発掘経過報告――
  (一)「南越名海難者無縁仏之碑」に眠る朝鮮人…………………………………………………………高實康稔 139
  (二) 溺死朝鮮人労働者埋葬に関する経過報告……………………………………………………………岡  正治 140
   (1) はじめに…………………………………… 140
   (2) 野母崎町に対する交渉経過報告………… 141
   (3) 端島から脱走、水死した朝鮮大労働者の遺骨発掘作業……………………………… 143
第五部 無言の証人……………………………………………………………………………………………徳水幸子 147
        ――朝鮮人被爆者関係の「原爆遺構」保存計画――
  (一) 住吉地トンネル……………………………… 149
  (二) 木鉢寮……………………………………… 152
第六部 被爆証言………………………………………………………………………………………………………155
  (一) 重労働と原爆……………………………………………………………………………………………史又星 157
  (二) 原爆の街で朝鮮人に助けられて………………………………………………………………………青木久枝 160
第七部 日本政府の責任を問う……………………………………………………………………………岡正治 167
        ――朝鮮人被爆者見殺し政策を撃つ――
          歴史の捏造をゆるすな!藤尾暴言に厳重抗議するI
  参考文献……………………………………………… 172
  あとがき…………………………………………… 173

                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • -


原爆と朝鮮人(長崎朝鮮人被爆者実態調査報告書第五集)

原爆と朝鮮人長崎県朝鮮人強制連行、強制労働実態調査報告書第五集)      目次
まえがき

一、七万人の軌跡探訪 …………………………………………………………………………………………岡正治 13

二、祖国を奪われた朝鮮人たち…………………………………………………………………………………………… 23
  1.生きるために「日本への流入」 ……………………………………………………………………………………… 26
  2.家畜扱いの「現地募集」……………………………………………………………………………………………… 27
  3.奴隷狩りの「官あっせん」……………………………………………………………………………………………… 32
  4.根こそぎ動員「国民徴用令」「学徒動員」…………………………………………………………………………… 33
  5.血も涙もない「強制連行」「慰安婦」………………………………………………………………………………… 34

三、長崎県内の朝鮮人たち(証言集) …………………………………………………………………………………… 37
  1.長崎県一般 …………………………………………………………………………………………………………… 39
  2.軍事施設 …………………………………………………………………………………………………………… 46
   (1)長崎市 ………………………………………………………………………………………………………… 46
   (2)佐世保市 ………………………………………………………………………………………………………… 63
(3)大村市 ………………………………………………………………………………………………………… 125
   (4)諫早市 ………………………………………………………………………………………………………… 150
   (5)川棚町 ………………………………………………………………………………………………………… 157
3.炭砿その他 …………………………………………………………………………………………………………… 171
 一、西彼炭田 …………… 171
 (1)大島町 ………… 171
 (2)崎戸町 ………… 193
 (3)高島町および端島 …… 268
 (4)伊王島町 ………… 273
 (5)香焼町 ………… 274
 二 佐世保炭田 ………… 282
 (1)世知原町 ………… 282
 (2)吉井町 ………… 28
 (3)江迎町 ………… 304
 (4)鹿町町 ………… 316
 (5)佐々町 ………… 329
 (6)小佐々町 ………… 339
 (7)松浦市 ………… 343
 (8)松島長 ……… 352
 三、その他 …………… 359
 (1)福江市 ………… 359
 (2)島原市 ………… 363
 (3)大瀬戸町 …………364
 (4)時津町 ………… 365
 (5)長与町 ………… 366
 (6)野母崎町 ………… 366
 (7)琴海町 ………… 367
 (8)多良見町 ………… 367
 (9)その他の市町村 …… 368
四、日本敗戦当時の長崎県“在住”朝鮮人総数の推計と総括 ……………………………………………………… 371
五、日本政府の戦争責任を問う ……………………………………………………… 371
1. 過去に耳を閉ざす日本………377
2. 放置された“実態調査”………379
3. 国家補償の切りすては許されない………385
六、企業の罪悪行為三菱鉱業・高島炭鉱『慰霊碑』 …………………………………………………………………… 397
  はじめに ………………………………………………………………………………………………………………… 399
  一、歴史歪曲・朝鮮民族蔑視碑の実態 ………………………………………………………………………………… 400
  二、各碑の不当性と欺瞞の構図 ………………………………………………………………………………………… 401
  三、三菱および高島町への「申し入れ」………………………………………………………………………………… 403
  四、活動はこれから ………………………………………………………………………………… 408
参考文献 …………………………………………………………………………………………………………………411
あとがき………………………………………………………………………………………………………414

※本記事は「s3731127306の資料室」2013年01月08日作成記事を転載したものです。